きな粉を使ったヘルシーな大分の郷土料理を和菓子にアレンジしました

豊後銘菓 やせうま

郷土料理「やせうま」は乳母八瀬からのおくりもの

豊後の国・大分には、このような伝説があります。
平安朝の頃、京都の御所で育っていた藤原鶴清麿という幼君が、豊後の大友家を頼り黒野(古野)の御所之森(古野下原)に隠居しました。幼君に仕える八瀬という乳母は、不自由な暮らしの中で幼君におやつをせがまれるたびに、小麦粉をこねて長く伸ばし、茹でた麺に、きな粉をまぶして差し上げていました。すると幼君はこのおやつを「八瀬、うま(いものが欲しい)」とせがむようになり、この食べ物が「やせうま」という名前で伝えられてきました。
信心深かった八瀬が建てた経塚が古野にあり、近くの妙蓮寺では、昔は盂蘭盆会の日に「やせうま供養」が営まれておりました。

「豊後銘菓やせうま」は
郷土料理をアレンジした
ヘルシーな和菓子です

大分県には、昔から愛され続ける 「やせうま」 という郷土料理があります。
戦後間もなく創業した田口菓子舗の初代店主が、故郷を代表する「やせうま」 をたくさんの人に召し上がっていただきたいとの想いから、昭和33年に誕生したのが 「豊後銘菓やせうま」 です。
きな粉の餡を求肥で包んだ、お餅のようなお団子のような半生菓子。格調の高い独特の風味ある和菓子につくり上げました。甘さは控えめに、大豆を自家焙煎・自家製粉することできな粉の風味を生かしています。
その丁寧な味に、郷土のやさしさまで感じていただけたら嬉しく思います。

豊後銘菓 やせうま

竹皮の包装は、人間国宝・生野祥雲齋が残してくれた宝物

初代店主の妻・タケ子は茶道の師範で、竹工芸界初の人間国宝・生野祥雲齋氏と親交がありました。「豊後銘菓やせうま」をつくるとき、タケ子が祥雲齋氏に相談したところ、大分県の伝統工芸品である竹を生かしてはどうかとアイデアをいただきました。祥雲齋氏のご指導とタケ子の構想により誕生したのが竹皮の包装です。

七島イ草の紐で一つひとつ丁寧に
美味しさを封じ込める

竹皮をイメージしたパッケージの素朴な風合いを損なわないよう、口を閉じる紐には大分県の特産品でもある貴重な七島イ草を使用。創業時から変わらず、今でも一つひとつ手で丁寧に結んで仕上げています。手作業なだけにとても時間がかかりますが、手づくりにこだわり、機械化はせず昔ながらの方法で仕上げています。

「豊後銘菓やせうま」のこだわり

・ 「豊後銘菓やせうま」は、きな粉の豊かな風味が特長です。

・ 当店ではきな粉づくりから行います。風味を損なわないように、大豆は気候に合わせて微調整しながら自家焙煎し、きな粉の餡をつくる前日か前々日に自家製粉して使用しています。

・ 求肥で包んだきな粉の餡は、自家製粉したきな粉に砂糖と水飴を加えて練ってつくりあげます。
きな粉の原料である大豆は「畑の肉」と呼ばれる健康に良い素材なので、砂糖の一部をオリゴ糖に置き換えることで甘さを抑え、より健康的なお菓子であるよう心がけています。

・ そのままはもちろん、冷やしても温めても(500〜600wで10秒程度)美味しくお召し上がりいただけます。ぜひ一度お試しください。

・ 保存料は一切使用しておりません。開封後はお早めにお召し上がりください。

「豊後銘菓やせうま」のこだわり

・ 「豊後銘菓やせうま」は、きな粉の豊かな風味が特長です。
当店ではきな粉づくりから行います。風味を損なわないように、大豆は気候に合わせて微調整しながら自家焙煎し、きな粉の餡をつくる前日か前々日に自家製粉して使用しています。

・ 求肥で包んだきな粉の餡は、自家製粉したきな粉に砂糖と水飴を加えて練ってつくりあげます。
きな粉の原料である大豆は「畑の肉」と呼ばれる健康に良い素材なので、砂糖の一部をオリゴ糖に置き換えることで甘さを抑え、より健康的なお菓子であるよう心がけています。

・ そのままはもちろん、冷やしても温めても(500〜600wで10秒程度)美味しくお召し上がりいただけます。ぜひ一度お試しください。

・ 保存料は一切使用しておりません。開封後はお早めにお召し上がりください。

竹皮の包装は、人間国宝・生野祥雲齋が残してくれた宝物

初代店主の妻・タケ子は茶道の師範で、竹工芸界初の人間国宝・生野祥雲齋氏と親交がありました。「豊後銘菓やせうま」をつくるとき、タケ子が祥雲齋氏に相談したところ、大分県の伝統工芸品である竹を生かしてはどうかとアイデアをいただきました。祥雲齋氏のご指導とタケ子の構想により誕生したのが竹皮の包装です。

七島イ草の紐で一つひとつ丁寧に
美味しさを封じ込める

竹皮をイメージしたパッケージの素朴な風合いを損なわないよう、口を閉じる紐には大分県の特産品でもある貴重な七島イ草を使用。創業時から変わらず、今でも一つひとつ手で丁寧に結んで仕上げています。手作業なだけにとても時間がかかりますが、手づくりにこだわり、機械化はせず昔ながらの方法で仕上げています。


片側を開けばそのまま器として機能

紐をほどき、どちらか片側を開けば、そのまま受け皿としてお使いいただけます。
砂糖がこぼれにくく、楊枝が抜けてしまう心配もありませんのでどうぞお試しください。

原材料:きな粉(国内製造・大豆)、上白糖、グラニュー糖、水飴、オリゴ糖、餅粉、アマミール(高糖化還元水飴)、澱粉/トレハロース(天然糖質)
賞味期限:未開封では25日間(開封後は賞味期限に関わらずお早めにお召し上がりください)
保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください(開封後は要冷蔵)

取扱店舗

【大分市内】
◆JR大分駅 1階 豊後にわさき市場内 大分銘品蔵
◆トキハ本店 地下2階 大分ふるさとの味
◆トキハわさだタウン 1階 2丁目 ふるさとの味コーナー
◆トキハインダストリー あけのアクロスタウン 本館 1階 銘店/ふるさと/ギフト 売り場
◆フェリーさんふらわあ 大分港 売店
◆高崎山おさる館 1階 おみやげSHOP もんちゃん

【別府市内】
◆JR別府駅 1階 B-Passage内 別府銘品蔵
◆JR別府駅 1階 B-Passage内 ほっと!遊spring
◆トキハ別府店 1階 おんせん市場
◆別府湾サービスエリア上り線 玄林館
◆港駅 別府交通センター 1階 売店
◆杉の井ホテル HANA館 1階 売店
◆マックスバリュー 別府上原店

【湯布院】
◆湯布院 山灯館 売店
◆ゆふいんホテル秀峰館 売店

【県内その他の地域】
◆大分空港 2階 空の駅「旅人」(たびと)
◆トキハインダストリー 佐伯店 1階 ふるさとコーナー
◆ホテルソラージュ大分・日出 1階 売店

【福岡】
◆博多阪急 地下1階 銘菓銘品 日本の味
◆福岡三越 地下2階 菓遊庵
◆井筒屋 黒崎店 1階 九州銘菓


※店舗によってはお取り扱いのないサイズもございます。事前に店舗にご確認ください。

商品一覧

豊後方言銘菓やせうま4個入り

5個入り
540円(税別500円)

豊後方言銘菓やせうま8個入り

11個入り
1,080円(税別1,000円)

豊後方言銘菓やせうま13個入り

16個入り
1,620円(税別1,500円)

豊後方言銘菓やせうま20個入り

22個入り
2,160円(税別2,000円)

豊後方言銘菓やせうま26個入り

32個入り
3,240円(税別3,000円)

会社概要

社名 有限会社やせうま本舗 田口菓子舗
所在地 〒870-1132 大分県大分市光吉311番地
代表者 田口 芳信
TEL 097-569-3247
FAX 097-568-3686
社歴 1951年 砂糖類の販売統制解除により菓子製造販売開始
1958年 観光土産品として「豊後銘菓 やせうま」を製造開始
1961年 菓子類より”やせうま”の商標登録を授与

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせは、以下のお問合せフォームへご記入ください。
お問合せ頂きました内容に関しまして、担当者より5営業日以内ご返答させて頂きます。
Gmail等のフリーメールの場合、自動返信メールが届かない可能性があります。ご了承ください。

pagetop